なんとか無事にスタートを切れたU18,U15の大会、このまま(感染者がでないこと)最後まで行けたらいいな(笑)

我々はコロナ君の事をどのくらい分かっているんだろう?
誰が日本のコロナ君の流行を抑えてくれたの?
分からないことがたくさんあるのに、第2波は来ないなんて誰が言っているんだ?
来なかったら、あ〜良かった、ですまそうや。
とにかく子供達が安心してゲームを楽しんでくれる環境を提供したい、ただそれだけだ。
そうやっているうちに、彼の正体が解明され、安全を確認できる時が来るまで、皆で一緒にやっていきたいと思っている。

今日は久しぶりに孫のプレイを見てきた。
日曜日の交流戦はみることができなかったか、今日は今までで一番良かった(笑)GGバカ❗
私と同じ頃に部活に励んでいた子供達はほとんど指導者らしい指導者ににめぐり会えずにいたのかも。
時代が時代だったからと思うが、先生方も大変な時代だったのだろう。

私は優れた指導者に巡り会えたのは高校時代まで待たされた。
高校に入学したとき3年生の岡田先輩(先輩で先生でない)と巡りあえて今がある。
大学ではまた不毛の時代だったが、バスケットの世界に踏み込んでからは素晴らしい経験が私の足下を照してくれた。
わずか10年位の差であるが、当時の10年で部活の環境が大きく変わったことが分かる。
やはり、1回目の東京オリンピックの開催と高度成長の時代が大きかったと思うね。
今の子供達は幸せですね。


ロマチェンコ対ロペスは解説者はロマチェンコの勝ちと言っているが、判定はロペスに上がりました、今ビデオで見ていました(笑)
疑惑の判定(笑)ボクシングではよくあることですが…ロペスはよく見て引き分けですね。
前半はロペス、中盤から後半はロマチェンコ…ロマチェンコがいつもの圧倒的な強さが発揮できなかったことも事実ですが。

今日から協会主催の大会がめじろ押し、なんとか何事もなく無事に終わってほしいということを願っています。
これらの大会に向けて協会関係者の苦労は言葉に表せないくらいでしたから。
子供達に万全の安全の体制のもとゲームをしてほしいというのが我々の願いであり目標ですから。

今日は本当に久しぶりにバスケットの指導擬きをやらせてもらいました(やっと約束を果たせた)。
1時間半経過した時点でバテバテ❗残り30分を必死にやらせてもらいました。
こんなGGのコーチングでも喜んでもらえて…。
また機会があればやらせてもらおうかなと思っています。
あんなキツいことを何年もやってきたなんて…今も現役で友人の金子先生の元気が羨ましいですね。





中曽根元総理の合同葬での国立大学への弔意の要望が文科省から出されたことがまたまた世間を騒がせている。
加藤官房長官(あの前厚労大臣)は要望であり、強制ではないと言っているが、予算を国に握られている国立大学が反対することはそう簡単なことではないのではないかと思われる。
学術会議問題との解決方法とも似たようなものを感じてしまうのは私だけ?
中曽根さんは最近の総理大臣と比べてみればはるかに国葬に値するとは思うが(笑)
これでは中曽根総理の素晴らしさが霞んでしまうと思うがどうでしょう?
何かの道具に使われるような小物ではないと思うよ…君たちと違って。








↑このページのトップヘ