この一週間は練習に顔を出せる機会があった。
以前のOBとの練習ゲームでチームの状況を見て、練習形態を変えた。
私が一番気にしていたことだが、やはりそれが出た!

「頭が悪い」これがOBが今の現役に対する評価だ。
私がコーチングしていたときには1番、否絶対に対戦相手に言わせたくなかった事だった。
私に厳しく指導された子供達ならその辺りは思い当たることがあるだろう。
それでも何回かそういうふうに評されても仕方ないチームがあったが…(笑)

果たして、今のチームはこの状況から自力で脱することができるのだろうか?
もうすぐ新入生が入ってくる。

私もいつまでも時間があるわけではないし老人だ(笑)。
チームにあった規律もあやふやになっている。
この歳になって再びこんな楽しい事ができるなんて神様に感謝だがちっとも嬉しくない!

人間は欲深いと(笑)



「スマホ脳」というベストセラーを読んだら、スマホを使って書いていたブログ、書くことに抵抗感が(笑)
と言いながら…やはり書いてしまいました。

先にアオーレで見た北信越高校新人戦の帝京長岡対北陸学院のゲーム、留学生対策が素晴らしいと評判の石川県の代表チーム、興味津々で見せてもらった。
実は当日はOBの愛娘のゲームが別の会場であったためライブでは見られず、録画で見た。

立ち上がりに、北陸学院が評判のバスケットを展開、戸惑う帝京長岡をあざ笑うように(不適切な表現かも)得点を重ねる。

やはりディフェンスが素晴らしくそこからのブレークから高確率のショットを連発。
なるほど…と感心しました。

「よく訓練された、バスケットをよく知っているチーム」とは県内の某監督評。
新潟でもあんなチームが出現すれば、バスケットがさらに面白くなることは間違いない。
期待したいなぁ!
ゾーン→工夫、マンツーマン→工夫、まずはその辺からかな。

久しぶりに工短の練習をみた(コーチング)。
もっとみたいけど、スケジュールの都合でなかなかうまく行かない。
いっとき、私の練習を見たいと言ってくれた方々もいたが、そんな事情なので…。
泣き言を行っても何も始まらないので、昔を思い出して頑張って行こうと。
やってほしいことは沢山ある、でもバスケットは上達するには時間がかかる競技だ。
子供達はその辺りを十分理解して取り組んでほしいし、そんな状況でも意欲はまだあるように感じる。
笛吹けど踊らず…あれから何年経ったのやら、この年になってまたそれを体験するとは思わなかったが、それはそれで楽しいのだ(笑)
この年齢になってコート上に立てている幸せを感じて頑張ります。

↑このページのトップヘ